【ポケモン剣盾】ポケモンGOでの色違い捕獲のすすめ

ポケモンGO

この記事はポケモン剣盾へ送ることを目的として、ポケモンGOで色違ポケモンを捕まえたい人向けに書いています。

もぴぷね
もぴぷね

イベント等に乗っかれば、ポケモンGOは色違いが簡単に捕まえられる優良アプリです!

色違い伝説ポケモンも、実機に比べて高い確率でゲットすることも可能です!

【ポケモン剣盾】ポケモンGOでの色違い捕獲のすすめ

伝説レイドバトル

伝説レイドバトルとは、伝説ポケモンのレイドバトルを指します。

出現する伝説ポケモンは一定期間毎に変わります。月末頃に翌月のスケジュールが発表されるので、チェックしておくのがおススメ。

伝説レイドバトルの色違い出現率は、実機に比べて段違いに高く約5%と言われています。

竜王戦環境で使える禁止伝説ポケモンから、環境トップメタのサンダーやランドロス等もゲット可能です。

オシャボ厳選ができないというデメリットがありますが(※)、その点さえ目を瞑れば有用な色違ゲット方法です。(※)伝説レイドで使用できるボールは「プレミアボール」のみとなります。

レイドバトルの開催・時間

レイドバドルの開催場所は全てのジム、時間は5:00~21:30の間です。

早朝や平日昼などは人が集まりにくいため、平日の夕方~夜や土日がおススメ。

また、毎週水曜日の18:00~19:00は「レイドアワー」となっており、ほぼ全てのジムで伝説レイドバトルが開催されます。

「レイドアワー」では複数回レイドバトルにチャレンジできる可能性が高いため、効率もかなり高め。学校や仕事で忙しい方は、その時間だけプレイするのもアリです。

必要なもの

レイドパス

「レイドパス」はレイドバトルに参加するために必要なアイテムです。

「レイドパス」は1枚/日だけ、ジムで手に入れることができます。ただし、所持上限は1枚なので注意が必要です。

リモートレイドパス

「リモートレイドパス」とは、離れた場所からレイドバトルに参加できる超便利アイテム。

基本的にはコインで購入する必要がありますが、最近は何かしらの方法で1枚/週だけゲットできるようになっています(※)

(※)1コインで購入できる「イベントボックス」で入手できることが多いです。

なお、所持上限は3枚です。

狙いの伝説ポケモンが出現しない期間でも「リモートレイドパス」はゲットしておき、ストックしておくことをおススメします。

注意点

ポケモンGOは全ての伝説ポケモンに色違いが実装されている訳ではありません。

基本的には通常色実装→色違い実装のステップを踏んでおり、執筆時点付近(2021.12.10)だと、ザシアン・ザマゼンタの通常色、レシラム・ゼクロムの色違いが実装されたのが記憶に新しいでしょうか。

もし色違い狙いで伝説レイドバトルに参加する場合、必ず色違いが実装済であるか確認を行いましょう。

コミュニティディ

コミュニティディとは

「コミュニティディ」は月に1度、ピックアップされたポケモンが大量発生するイベントです。

ピックアップされるポケモンは月替わりとなっており、色違いの出現率は約4%と高確率になっています。

必要なもの

大量のモンスターボール

コミュニティディでは自然湧きするポケモンとひたすらエンカウントして、色違いを探す作業が必要になります。

色違いが出現するまで逃げても良いのですが、逃げた場合はポケモンのシンボルが消えません。

よって、1度逃げたポケモンに誤タップして、再エンカウントしてしまう等の事態が頻発するため、基本的には捕まえてシンボルを消していく方法がおススメ。

コミュニティディ期間中は、ポケモンを捕まえた時の「経験値」や「ほしのすな」も増加します。

GO産ポケモンをランクマで使用する際の注意点

「きんのおうかん」「ぎんのおうかん」は必須

個体値はポケモンGO時点の個体値を引き継ぐことになっていますが、基本的に理想個体値からはかけ離れていると考えて間違いありません。

ランクマで使用する場合は、レベル100に上げて「きんのおうかん」「ぎんのおうかん」を使いましょう。

バトルマークを付ける

Go産のポケモンは、そのままの状態ではランクマに参加させることができません。

育成する前にバトルマークを付けることに注意しましょう。

技レコードやポイントアップなどのアイテムを使った後に気付くと悲惨なことになります(私は複数回やらかしたことがあります)

さいごに

いかがだったでしょうか。

ポケモンGOは「リアルで捕まえた」という体験ができるので、switchで色違いを捕まえるのとは、また別の思い入れが産まれるのも面白さだと感じています。

私はシーズン21をポケモンGOで捕まえた「色違いディアルガ」で戦い抜きましたが、ポケモンを捕まえるところから楽しんでいる感が半端なかったです。

もちろん、ポケモンGO自体も普通にプレイして面白いアプリですので、色違い目的関係なく遊ぶのも良いかな、と思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました