バドレックス (こくばじょうのすがた) 育成論 【たすきアタッカー型】

ポケモン考察

剣盾シーズン15からランクマ解禁された「禁止伝説」のうちの一匹、バドレックス (こくばじょうのすがた)の育成論についてです。
剣盾ランクマでバドレックス (こくばじょうのすがた)を活躍させて勝ちたい、使い方を知りたいという方向けに書いています。

バドレックス (こくばじょうのすがた)は、S15のランクマでお世話になっている一匹ですので、実際の使用感も交えながら解説していきます。

もぴぷね
もぴぷね

2021年2月中旬時点、バドレックス (こくばじょうのすがた)をエースにした構築で、S15のランクマ順位400位台を達成しました!

バドレックス (こくばじょうのすがた)の特徴は、何と言っても高い「とくこう」と「すばやさ」です。多くのポケモンに対して先手を取り、相手に高火力の攻撃を押し付けていくことができます。

バドレックス (こくばじょうのすがた) 育成論【たすきアタッカー型】

ステータス(個体値・努力値・性格)

性格は「おくびょう」、努力値はCS全振り・あまりをHに振っています。
個人的には最速推奨。理由はS15禁止伝説トップメタである、ザシアン (けんのおう)に対して先手を取れるメリットが非常に大きいためです。

また、すこし厳選は面倒になりますが「イカサマ」のダメージを少しでも抑えるためにも「こうげき」の個体値は0にしています。

なお、「こうげき」に性格下方修正をかける場合、個体値0~3までは実数値が変わりません。よって、厳選は左記の範囲でもOKです)

もちもの

相手の攻撃を一度だけ耐えれる「きあいのタスキ」を採用。
「いのちのたま」「こだわりメガネ」等の火力上昇アイテムも捨てがたいですが、バドレックス  (こくばじょうのすがた)は4倍弱点が2つもあるため、使いやすさが大きく異なります。

もちろん、パーティ全体で対策が取れているようであれば、「きあいのタスキ」以外でもOKだと思います。

とくせい

「じんばいったい」の一択。
この特性は、相手がきのみを使えなくなる「きんちょうかん」と、相手を倒した時に「とくこう」が1段階上昇する「くろのいななき」の二つが使える、というものです。

基本的には「くろのいななき」の恩恵を受けることが多いと思います。高い「すばやさ」種族値も相まって、抜き性能も非常に高いポケモンです。

わざ構成

基本構成:アストラルビット / サイコキネシス or サイコショック / やどりぎのタネ or おにび / わるだくみ

アストラルビット

タイプ一致のメインウエポンその1
バドレックス(こくばじょうのすがた)の専用わざであり、「威力120」&「命中100」という非常に高い性能を誇ります。
タイプが通りの良い「ゴースト」タイプという点も優秀で、等倍以上の相手に対して高いプレッシャーをかけていけます。

サイコキネシス or サイコショック

メインウエポンその2
タイプ一致わざは「サイコショック」との選択になると思いますが、私は「サイコキネシス」を使っています。

理由は、威力と追加効果(「とくぼう」ダウン)が強力だからです。
ただし、パーティ全体でハピナス・ラッキー等の特殊受けが重たい場合は、「サイコショック」を推奨。構築に合わせて使い分けると良いと思います。

なお、上記のわざは「ダイサイコ」としての使用頻度も高いです。
バドレックス (こくばじょうのすがた)は「ふいうち」や「かげうち」で縛られてしまうと辛いため、試合展開によっては先んじて「サイコフィールド」を貼ることを考えながら立ち回りましょう。

やどりぎのタネ

ウーラオス (いちげきのかた)やエースバーン等の「ふいうち」があまりにも多いので、躱しながらダメージを与えられるわざとして採用しています。

その他、起点作り型のカバルドンや、ハピナス・ラッキー等にも有効。
「ふいうち」を躱すだけなら、「おにび」でも良いかもしれません。パーティや流行に合わせて。

わるだくみ

主に受けパ対策として。
積むことができれば非常に強力ですが、バドレックス  (こくばじょうのすがた)は「ふいうち」「かげうち」等メジャーな先制わざで縛られることも多く、積んだとしても活かしきれない場面が多いと感じています。

相手に合わせて隙あらば積む、くらいが良いかも知れません。

その他の候補

サブウエポンとして、「リーフストーム」「エナジーボール」「ギガドレイン」等の草わざの採用もありです。
ラグラージ等を筆頭としたくさ4倍弱点相手は勿論のこと、一度「わるだくみ」さえ積むことができれば、後出しで出てきた、バンギラスに対しても大ダメージを与えることができます。

最初は私も採用していましたが、30戦ほど戦ってみてほとんど使わなかったため、一旦は候補わざとしてしています。

活躍させる上で気を付けたいこと

ステータス・メインウエポン共に強力ですが、弱い相手には滅法弱いため、構築で弱点をカバーすることが重要です。
具体的には「ゴースト」「エスパー」タイプがどちらも通らない、「あく」タイプは相性最悪で、基本的には引かざるを得ません。
特にバンギラスはS15でも使用率が高くなっているため、対策必須と言えるでしょう。ウーラオス(いちげきのかた)やフェアリータイプと組み合わせると、非常に使い勝手が上がると思います!

パーティ例

先発で繰り出してプレッシャーをかけても良いですし、裏から投げてもOKです。
シーズン15の構築で使用していたので、良ければ参考にしてみてください。
→【最高433位・レート1827】剣盾シングルS15 黒馬バドレックス 対面構築

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました