マンムー 使用感 まとめ(タスキアタッカー型)

ポケモン考察

今回はシーズン14でお世話になった「マンムー」について書いていきたいと思います!
「冠の雪原」がリリースされてから「ランドロス」「カイリュー」「ガブリアス」等、こおりタイプが弱点のポケモンが流行していたため、環境的には非常に活躍しやすい一匹だったと感じています!

もぴぷね
もぴぷね

「じめん」「こおり」の複合タイプが強力で、メインウエポンの通りがとても良いのが強みです。

また、「あられ」「すなあらし」のダメージも受けないので、「きあいのタスキ」を潰されにくいこともポイントです!

タスキアタッカー型

【努力値・性格】
性格は「ようき」のAS全振りです。
すばやさ種族値80は激戦区のラインのため、最速にしておくことで様々なシーンで先手を取ることができます。シーズン14では耐久振りの「サンダー」も多かったため、先手を取れる場面もしばしば。

【とくせい】
「どんかん」を使っています。
効果は「いかく」「ちょうはつ」「ゆうわく」が無効になるというもので、「マンムー」の戦略と非常にマッチしています。特に「いかく」に耐性があるのは大きなポイントで「じしん」読みで出てくる「ランドロス」「いかく」を躱すことができます。

「あついしぼう」も優秀な特性ですが、耐久面は「きあいのタスキ」に任せるため、「どんかん」を推奨。「いのちのたま」など、他の持ち物を持たせる場合は「あついしぼう」でも良いと思います。

【わざ構成】
「じしん」
メインウエポンその1
威力・範囲・命中率共に安定のわざ。グラスフィールド下ではダメージが半減してしまいますが、気になった場面はそんなに多くなかったです。

「つららばり」
メインウエポンその2
「つららおとし」との選択になると思います。個人的には「カイリュー」やきあいのタスキ持ち「ガブリアス」対策で「つららばり」を選択。
安定的な威力を求めるのであれば「つららおとし」も候補としてはありだと思います。

「こおりのつぶて」
必須わざと言っても過言ではないと思います。
「マンムー」の行動回数を無理なく増やしてくれる、優秀な先制わざです。

「ステルスロック」
サイクル戦で活躍してくれる補助わざです。「ダイウォール」として活用しても◎。

対面構築で「マンムー」を使用する場合、「ステルスロック」を使用するよりも「じしん」or「つららばり」+「こおりのつぶて」でダメージを与えた方が良い場面は多々あります。状況に応じて使いわけができるとさらに強さが引き立ちます。

「ばかぢから」
「ステルスロック」
との選択。
「ナットレイ」「マンムー」対策として。
ただし「ナットレイ」は基本的に単体突破できないため、あくまでも一矢報いる程度に。

【もちもの】
相手の攻撃を一度だけ耐えれる「きあいのタスキ」を採用。

【活躍させる上で重要なこと】
耐久種族値は並み程度はありますが、弱点がメジャータイプのため「きあいのタスキ」がなければ1撃で倒されてしまう、という感覚で使うと良いと思います。
そのため、選出画面で相手が「ステルスロック」を使用してきそうな場合は、撒かれれる前に出すor使用しないこと、を念頭にいれて選出しましょう。

また、「マンムー」よりすばやく「きあいのタスキ」をも貫通してくる「ウーラオス(れんげき)」は天敵中の天敵。対面した場合、ほぼ確実に不利な状況になってしまうため、選出時に「ウーラオス(れんげき)」がいた場合は、先発を控える等の対応が必要です。

もぴぷね
もぴぷね

と、気を付ける点ばかり書いてしまいましたが、強い相手には滅法強いポケモンです!アタッカーからステロ撒きのサポートまで器用にこなすことができるので、試行錯誤して使ってみると活躍の幅がぐっと広がると思います!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました