【第3世代】0からのバトルタワー攻略について【ルビサファ】

リボンコンプ

この記事は、まったく何も持っていない0の状態から、ポケモンRS(ルビー・サファイア)でバトルタワー攻略する方法を書いています。

もぴぷね
もぴぷね

リボンコンプのために、ルビサファのROMを購入したのは良いものの・・・個体値の厳選は難しいし、当然「むげんのチケット」も無い。

バトルタワー攻略をどうしよう・・・という方向けに書いています。

【ポケモンRS】0からのバトルタワー攻略【リボンコンプ攻略】

準備編

使用ポケモン選び

まず最初に考えるべきは、使用ポケモンについてです。

バトルタワーの選出枠(3匹)のうち1匹はリボンを付けるポケモンになるので、基本的には2匹で相性補完が取れている必要があります。

私が使用したのはメタグロス&ボーマンダ

攻撃性能と耐性が優秀なメタグロスを軸とし、メタグロスが苦手な炎・地面を半減に抑えることができ「りゅうのまい」で全抜きも狙えるボーマンダにしました。(ラティオスorラティアスが使えるならボーマンダと入れ替えると良いと思います)

なお、タツベイは「りゅうせいのたき」の奥で捕まえることができます(画像参照)

個体厳選

ルビサファにおける個体値・性格厳選は、第8世代とは比べ物にならないくらいシビアです。

具体的に説明すると、

  • 孵化の個体値遺伝が1~3個とランダム
  • 性格の遺伝は不可能(※Emから可能)
  • 特性「ほのおのからだ」による孵化歩数半減効果なし(※Emから実装)

正直、昔はよくやっていたなぁと思います。

今回の目的はあくまで「バトルタワーで勝つこと」なので、個体値にはさほど拘らなくてもOK。ルビサファのバトルタワーの難易度はそこまで高くはありません。

もぴぷねはタツベイの孵化を数匹と、ダンバルを何回かリセマラしました。個体値はノールックでしたが問題なく勝てました。

努力値稼ぎ

個体値は厳選しなくても問題ありませんが、努力値はちゃんと振りましょう。

第8世代と違って、ドーピングで振ることできる努力値は100が上限。つまり、残りの152は戦闘で稼ぐ必要あります。

運よくポケルスが付いていれば効率化が図れますが、ポケルスも無い前提で話を進めます(言うまでもなく、私はありませんでした)

111番道路のカチヌキファミリーから貰える「きょうせいギプス」を持たせて、以下の場所で戦うのがおススメです。なお、戦闘回数はPPの消費数でカウントすると楽です。

努力値稼ぎおススメの場所

ポケモン(数値は貰える努力値) 出現場所
HP ゴニョニョ⑴ カシナダトンネル
攻撃 カゲボウズ⑴ おくりびやま(サファイアのみ)
コノハナ⑵ / ザングース⑵ 114番道路(ルビーのみ)
防御 カラサリス⑵ / マユルド⑵ トウカの森
特攻 パッチール⑴ 113番道路
特防 メノクラゲ⑴ すてられぶね(水上)
すばやさ ズバット⑴ / ゴルバット⑵ めざめのほこら(入口)

レベル上げ

バルタワー攻略で最も辛い作業と言っても過言ではありません(特にレベル100)

経験値稼ぎは諸説ありますが、個人的にはパーティの余り枠にジグザグマを詰め込んだ「四天王周回」が良いと思います。

ルビサファの特性「ものひろい」は、レベルに関係なく10%の確率で「ふしぎなアメ」を拾ってきてくれるため、周回ついでに結構な数が貯まります。

なお、エメラルドではLv41以上にならないと「ふしぎなアメ」を10%で拾ってこないため、ジグザグマのレベル上げが必要になります。非推奨。

 

その他、メールトリック(バグ)を使用して「ふしぎなアメ」を増やすという方法がありますが、自己責任でお願いします。(方法は当ブログには記載していません)

個体紹介

メタグロス

性格:おとなしい

努力値:HA全振り、残りB

技構成:コメットパンチ(※)・じしん・シャドーボール・ヘドロばくだん

他の攻略サイト等では「だいばくはつ」を採用している方が多かったのですが、相手のラス1が氷技持ちだとボーマンダでは勝てないので不採用。

ヘドロばくだんがあると、ルンパッパを刈れるので良い感じです。

持ち物は、レベル50タワーの時は「こだわりハチマキ」が無かったので、オボンのみを持たせていました。

性格は妥協。ミリ残しが多発したので「いじっぱり」が良いと思います。

(※)メタグロスがコメットパンチを覚えるのはLv55です。Lv50でコメットパンチを覚えさせるには、メタングのままLv50まで育てる必要があるので要注意(一敗)

ボーマンダ

性格:ようき

努力値:HB全振り、残りA

技構成:じしん・つばめがえし・だいもんじ・りゅうのまい

メタグロスと相性の良いポケモン。炎タイプや草タイプのポケモンを起点に「りゅうのまい」を積みます。だいもんじは対エアームド用です。

草ポケモン等、メタグロスでもイージウインが取れる相手でも、敢えてボーマンダに交換して積むと楽に勝ち抜けます。

持ち物は、「どくどく」対策の「モモンのみ」を持たせていました。(その後、「きあいのハチマキ」→「たべのこし」と変えました)

実践編

攻略難易度

ルビサファのバトルタワーは、CPUの使う技がランダム性であるため、そこまで難易度は高くありません(メタグロスに対してヘドロばくだんを連打してくる等)

しかしながら、技構成は補完が取れていたり、パーティに準伝説が混じっていたりと決してパーティパワーが低い訳ではありません。また「タワークオリティ」を呼ばれる相手の超強運も健在です。

もぴぷね
もぴぷね

アズマオウに2連続「つのドリル」を当てられたり、3連続急所で負けたこともありました・・・。

CPU相手だと思って油断せず、積み技を積み切れる時には積みきったり、3匹目をクッションにしてしてから交換するなど、自分が優位な状態を保持するように立ち回ると良いと思います。

(おまけ)負けても連勝が途切れない方法

と、いうのがあります。

それはポケモンボックスの「ぼうけんにでる」機能を使用するものです。

【詳細説明】

  • ぼうけんにでる」機能は、GBA(ルビサファ)とGC(ポケモンボックス)を繋いで、GC上(ポケモンボックス)でルビサファがプレイできるというものです。
  • プレイ中はGBAの電源を切ることができ、レポートを書く時だけGBAの電源を入れる、という仕様になっています。
  • レポートを書く時にGBAの電源を付けないでいると、レポートが書かれないままゲームが進行します。
  • つまり、バトルタワー挑戦のレポートを書く際に、GBAの電源をつけないまま進行することで、レポートを書かない状態で挑戦することができます。
  • 通常の場合、バトルタワー挑戦中にリセットすると連勝記録が途絶えてしまいます。
    しかし、この方法でリセットした場合「バトルタワーに挑戦した」というレポートが書かれていないため、連勝記録が途切れることがありません。
  • バトルタワーは1戦毎に中断する仕組みがあるため、極端な話、1戦毎にレポートを書くことで確実に勝ち上がることができます。

バトルタワーは50連勝近くなると、所要時間は1時間半~2時間になります。

途中で負けてしまうと、今まで費やした時間をロストしまうのと同義です(仕方がないと言えば仕方ありませんが・・・)

機器を揃える等、何かとコストがかかるリボンコンプですが、ポケモンボックスは1,500円程度で購入できるため、費用対効果の観点からもかなりおススメです。

基本的には中古ゲームショップやフリマサイトで購入するすることになりますが、私はフリマサイトで購入した際(動作確認していると記載していたにも関わらず)コントローラーが動かなかった経験があります。

GBAを始めとして、リボンコンプの機器は中古で揃えるしかないため、基本的には返品保証を行っている中古ゲームショップで購入した方が安全なのかなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【中古】GC ゲームキューブ ポケモンボックス ルビー&サファイア
価格:1050円(税込、送料別) (2022/2/15時点)

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました